ドメインコントローラ(Domain controller)

ドメインコントローラ(Domain controller)とは、LANなどのNetwork環境におけるDomain内で、User AccountのLogon認証や集中管理するソフトウェア(Server)であり、更にはそれを稼働させるコンピュータである。

<ドメインコントローラ(Domain controller)の概要について>
ドメインコントローラ(Domain controller)はAuthentication systemのためにUser data baseを保持し、Account Informationを管理している。Microsoftの製品では、OS/2用のLAN Managerとして登場し、Windows NTに引き継がれた機能である。

Windows NTではこれらの情報をドメイン(Domain)単位で管理し、複数ドメイン間でユーザ認証を一元化するには信頼関係を結ぶ必要があったが、Windows 2000からは、Active Directory(アクティブディレクトリ)が採用され、複数のDomainを階層構造により管理することが可能になった。

ドメインコントローラ(Domain controller)を構成できるのは、WindowsNT 4.0 Server、Windows2000 Server、Windows Server 2003をインストールしたコンピュータであるが、Sambaを構成したLinuxコンピュータもドメインコントローラ(Domain controller)を構成できる。

↑ PAGE TOP