喜寿祝いサイト(Kiju-Iwai)構築の日々

個人のhostingサービスとして注目されているのが、free hosting serviceである。
ブロードバンドの普及と同時に一般化してきているインターネットプロバイダーが提供するさーサービスの1つである。もともとは企業がローカルでwindows系のserverを構築して来たことに由来する。

windows系サーバは、今から22年前の西暦1993年(平成5年)にwindowsNT 3.1という新たなOSが実装されたのがサーバ管理の始まりである。
西暦1996年(平成8年)にはWindows NT 4.0を搭載したサーバが登場した。革新的な進歩を遂げたのは、コンピュータがプログラム内で日付を変更する桁を文字型で使用していたことから起こった2000年問題が起こった年に発売されたWindows2000 Server はAcitive Directory(アクティブディレクトリー)といる本格的昨日を実装したOSであった。

アクティブディレクトリーの開発により、Domain Controller(ドメインコントローラー)とクライアントPC間での相互通信が可能となり、ドメインコントローラを経由することでApplication Server(アプリケーションサーバ)へのアクセスも可能となった。

外国人の私が日本における喜寿のお祝いについての紹介サイトを立ち上げようと思ったのは、ちょうどこの頃からである。
西暦2003年にはintelが開発した4つのプロセッサを持つ「インテルプロセッサー Xeon」を搭載した次世代のWindows 2003 Serverが発売された。Windows 2003 Serverでは64bit版を始め4タイプのOSが発売され、メインメモリーの容量も16GBが平均となったことで急速にクライアント側からの処理速度が向上したことが、今も記憶に残っている。

今ではfree hosting serviceが提供されているが、当時はサーバ上の保存容量も少ない上に、ほとんどが有料のホスティングサービスだった。
西暦2015年(平成27年)の現在では、Diskspace 1000MB、Traffice(month当たり)10GBまで利用することが可能である。

これだけの容量があれば、外国へ発信するための日本における喜寿のお祝いのサイト(Kiju-Iwai)構築には十分であった。
Website数は4siteに限定されていたが、日本人が喜寿を祝う時に使用される色は“紫色または黄色”であり、日本独自の文化としての熨斗(のし)という文化を伝えることが可能となった。

20年以上、日本に住み続けてきた私は、日本人特有の自己主張をせず他人を敬い、奥ゆかしさを感じる文化に美しさを感じてきた。
特に海外にはない60歳で暦が一週し、赤子に返り、第2の人生のスタートといわれる「還暦(Kanreki)」や70歳を祝う「古希(Koki)」、そして今回私が海外へ伝えるためfree hosting serviceを利用しサイトを立ち上げようとしている77歳の誕生日を祝う「喜寿(Kiju)」の他にも80歳の傘寿のお祝いなど様々な長寿の節目を祝う習慣がある。

当時の日本では数え年という世界でも稀にみる文化があり、生まれたときを1歳を数え、喜寿(77)の誕生日を76歳で祝うという文化がある。現在では、満年齢での計算が一般的であるが、西暦1938年(昭和13年)頃の中国、南北朝鮮、ベトナムなどでも数え年の文化があった。こういった情報を4つのWebsiteにまとめ、Script Installer、pHP、Pear/CGIを使用し立ち上げを行う予定である。

EmailについてもPOP/SMTPサーバを利用して設置を行い、10以上のアドレスをサイト別に使い分ける予定である。
残念ながら、SSL Secure Serverとして稼働できないのが難点ではあるが、顧客情報を扱うことのない情報サイトであるので、何ら問題はない。

今年、祖国に残して来た私の父も喜寿を迎えるので、日本のとあるサイトで見かけた桐箱に入った紫色の美しい瓶に入った日本酒を送るつもりである。

↑ PAGE TOP