Netwareの通信プロトコル

netwareprotcol

IPX は Internetwork Packet Exchange、SPX は Sequenced Packet Exchange

Internetwork Packet Exchange と Sequenced Packet Exchange は、Xerox Network Services の IDP と SPP Protocolから派生したものである。

Internetwork Packet Exchange はNet work層Protocol(OSI参照モデルの第三層)、Sequenced Packet Exchange はトランスポート層Protocol(OSI参照モデルの第四層)に対応する。Sequenced Packet Exchange は Internetwork Packet Exchange の上位にあり、Net work上の二つのノード間のコネクション指向サービスを提供する。Sequenced Packet Exchange は主にClient server型アプリケーションで使われる。

Internetwork Packet Exchange と Sequenced Packet Exchange はTCP/IPとよく似たサービスを提供する。その意味では、Internetwork Packet Exchange は IP に近く、Sequenced Packet Exchange は TCP に近い。

Internetwork Packet Exchange/Sequenced Packet Exchange は主にLAN向けに設計されており、LAN上での性能は優れている(一般的に TCP/IP を LAN 上で使った場合よりも性能がよい)。しかし、TCP/IP がDe facto standardとなった。その原因は、WANやインターネットでの性能がTCP/IPの方が優れていた点と、TCP/IPがグローバルな利用を意図して設計された成熟したProtocolだった点にあるとされている。

NetWare との密接な関係にも関わらず、Internetwork Packet Exchange/Sequenced Packet Exchange は NetWare の通信では(少なくとも NetWare 5.x では)必須ではなく、NetWare のNet workでのみ使われていたわけでもなかった。NetWare の通信では NCP(NetWare Core Protocol)が必須であり、トランスポート層以下はInternetwork Packet Exchange/Sequenced Packet ExchangeでもTCP/IPでもよかった。

↑ PAGE TOP