NetWareについて

netware

NetWare(ネットウェア)は、ノベルが開発・販売した、PCで動作するserver専用のNetwork Operating System(NOS) である。

NetWare(ネットウェア)は、Cliantのsystemであり、serverにはNetWare OSを、Cliant (MS-DOS、OS/2、Windowsなど)には専用のCliant Module(NetWare Cliant)を導入して運用する。network 層のProtocolは、独自のIPX (Internetwork Packet eXchange)/SPX (Sequenced Packet eXchange) を用いるのが基本であるが、後にTCP/IPにも対応した。

NetWare OSの大きな特徴は、完全にserver用途に特化していることで、Windows NTやUNIXなどの汎用operating system (OS) とはかなり毛色の違うOSである。serverのNetWare OSのConsoleからはserverの運用に必要な最低限の操作しかできず、基本的にserverやファイルの管理はCliantからManagement toolsを用いて行う。

また、DriverやProtocolスタックなどがすべてNetWare Loadable Module (NLM) というModule形式になっており、NLMの動的なLoading and unloadingが自在に行えることも大きな特徴である。

Architecture的にはPreemptionによるTime Lossが少ない、システムコールを介したRound robin multitaskingで動作している。またModuleをカーネル空間に配置し、メモリ転送Overheadを最小にしている(例えばディスクから直接バッファにDMA転送を行い、メモリ間転送を行うことなく、Cliant にデータの読み書きを行わせる事ができる)。

softwareRAID、ジャーナリングFile systemを搭載しており、File systemの信頼性が高い。なお、MS-DOS上で動くピア・ツー・ピア型のNetWare Liteもあるが、専用のserverを置かないsystemであるため、基本的にNetWareとは別物である(NetWare LiteをNetWareCliantとして利用する、すなわちNetWare LiteからNetWareserverに接続することはできる)。

↑ PAGE TOP